7月号

*タイトル右下の橙色の数字については、2007年6月17日の日記を参照のこと。

ばっく・なんばー: 6月号 | 5月号 | 4月号 | 3月号 | 2月号

←戻る

 
2007年7月31日 (火) : 西和辞典によると

0

La niña は炉裏っ娘、El niño はショタの意味らしいです(ぇ

* * *

ローソンで893と警察の銃撃戦が展開される夢を見た。
もう、ローソンには行きたくない。

 
2007年7月29日 (日) : 「らき☆すた」を観てみた

- (訳あって休日)

本編のほうもヲタクならばにやりとするシーン(というかこなたちゃんの発言)が多いんですけど、やっぱり、 なんというか、オープニングがアレな感じで楽しめました。

マ○ケンサ○バの振り付け師を欺くセンス溢れるキャラのダンス。
憂鬱な気持ちもぶっ飛んじゃう異様なテンション。
そしてなによりもぶっ飛んだ歌詞

まずこいつに意味を求めてはいけない

と思いましたw
さすが電波リリシスト、畑亜貴氏。
誰にもこの芸当は真似できやしないだろう。
もう、電波中の電波という印象です。

あとなんか、原作では2次元に無関心だったはずのツンデレかがみちゃんがたまーにこなたちゃんとそれっぽい 会話で歩調を合わせているところとか気になったんですが、あれはもしやアニメ版オリジナル設定?
あ、これは微妙にネタバレでした。すんません。

* * *

「Arcs-en-ciel」をリメイクしてみました。
もうこの曲も3回目のリメイクになるのです。早いな。

前回もヴォーカル・ギターともに生だったことは生だったんですが、会議用マイクでの録音でしたから、 今回はマシなものを使いたいと思ってオールPODにしました。
やっぱり、いちばん代わり映えがするのはソロかな。打ち込みと生ではノリが全然違う。
というか、打ち込みだと、明らかに演奏不可能なフレーズを作ってしまいがちだからね。そのあたり、生だと純粋に 演奏可能なフレーズしか録れないから、人間臭さみたいなものが嫌でも伝わるんじゃないかと思う。
短いソロだから、最後はジャズで言うダブルクロマチックアプローチの2連続(F→Eb→B→C, B→C→Eb→D)で締めてみました。

次はドラムの音を入れ替えてみたいな。

* * *

4店舗目のネカフェ「MEDIA CAFE POPEYE」(以下ポパイ)に潜入してきました。
オープンだと最初の1時間は300円のようだが、果たしてお値段以上のサービスは提供されているのか、それとも 価格イコールでサービスは中の下なのか。
わたくし静月乃がリポルテイト(*1)いたします!

(*1) リポルテイト … リポートのなまり。ほかに「リプロート」「レプタイル」(以下MOMOSUKE氏考案)「リブロート」「ルプライト」「ラプレスタント」「ルパネラ」「レポナイル」「レプリエンツ」などがある。

というわけで、先に界隈にあるブックオフ御陵前店とアニメイト堺東店(店舗改装につき売り場面積縮小中でした…)を 偵察しましてから、堺東駅前まで出てきて、駅向かいのビルにあるポパイを目指したのですが。
ポパイの看板が上がっているビルを階段で上がっていくと、なにやら雰囲気は静かというより気味悪く、ポパイの1F下の4Fま ではなにやら病院や古いオフィスビルを思わせる内装。人影も音も一つとしてございません(汁

で、階段でポパイの入っている5Fまで上がろうとしたら、関係者以外立ち入り禁止の柵がありました。
つまり、よくある、エレベーターを降りるともう店内というタイプ。
千日前のアットワンと同じですね。

エレベーターに乗り、1Fあがると、雰囲気はがらりと変わってアットワンのようなサイバーな感じのフロントが登場。
やはりネカフェの店員さんは無駄に着飾っています。なんでやろうね、あれ。

初めての利用なので仮会員登録しなさいということになり、名前と、22ちゃいです☆、というメッセージとを書くと(実際は数字しか書いてません)、 店員さんが席まで案内してくれるわけです。かたじけない!
ちなみに、オープンの300円(最初の1時間)がウリなのになぜか俺、個室のビジネスタイプ(450+75*n;n=10分)を選んでました(ぉ

店内の薄暗さもアットワン並。
だけど、この薄暗さ、アットワンの薄暗さとちょっと違う。
なんというか、しなびている●●●●●●
行き交う客が皆お化けに見えました

で、肝心のPCスペックのほうはというと、回線はまず問題なし。普通に豪速です。
OSは当然のようにXPだし、CD/DVDドライブもあるし、ライティングソフトも一応インストールされている。
フロッピーももちろん入ります。
でも、気になる点がひとつ。

なんかフォントが汚くね?

液晶の仕様のせいだろうか、ひどくフォントがぼけているような気がしました。
フォントにとどまらず、画像もちょっと汚い。
動画の動きは悪くないので、たぶん、液晶の経年劣化じゃないかと思います。
けっこう昔からやってそうだしね、この店。

まあ、そんな感じで、「Arcs-en-ciel」と日記をアップロードして、ドリンクを3杯飲んで1時間弱で出てきました。
居心地は、たぶんネカフェ初体験だったら良かったかもしれない。
でも、アットワンにはフリードリンクの種類の多さと、活気ある暗さ●●●●●●で敗北。
コミックステーションには、ドライブの操作性とPCのスペックで敗北。
そして、アプレシオにはゆったり感と癒され度とアイスクリームとNeroで敗北。
ということで、残念ながら、俺としては、最下位にせざるを得なくなってしまいました。
頑張って接客していらっしゃる店員様方には申し訳ない。たぶん、もう行かないと思います(ぇ

まあ、とりあえず、家からの距離も近くゆったり感もあり癒されてアイスクリーム食い放題で互換性を気にする 必要のないNeroでCDorDVDを焼きまくりのアプレシオをしばらくは贔屓することになるだろう。

* * *

長くなりましたが、最後の話題。

Lo llamamos "El misionero de las orejas gatunas".

本日より聡子と一緒にスペイン語をちまちまと勉強します。もちろん、ネタのためだけに
上のは、その意志の表れというか、ただやってみたかっただけというか。

暇なひとは訳してみてね。

 
2007年7月22日 (日) : 真夜中のファミチキ事変

740 (21)

先週の火曜からファミリーマートのチキン略してファミチキを100円で販売していたのですが、日付の変わり目にレジの ファミチキの値段がデフォルトの140円に戻っていたのを見てトラブルに陥ってしまいました。
レジの画面では140円だから俺は「140円が1点〜」と読み上げるが、店内には「ファミチキ100円!!」の旨のPOPを貼りまくっています から、お客さんが「これ100円ちゃうん!?」と不快な形相でクレームをつけてくるわけです。

で、お客さんを待たせたまま店長に連絡を取ってみたら、土曜の24時(日曜の0時)でこのファミチキのセールを 終える予定だったらしいのです。
俺そんなん一言も聞かされてないっちゅーに。

で、お客さんがだんだんぶちぎれてきましたので、待たせてしまったお詫びに、セールは終了していますが、100円で 販売させてもらいました。
まったく、日付の変わり目にファミチキが注文されたのも悪いタイミングではあるが、これは店長が悪い。
俺(ともう1人この時間に入っていたスタッフ)にこのことを前以て伝えていなかった店長が悪いっ。

そんなわけで、泥縄ですが、溜まったお客さんの処理をしてから急いでPOPを外しました。
いや忘れていたわけではなく、本当に聞いてなかったんだってば。

普通、こういうセールは火曜の0時から始まって、次の週の火曜の0時まで続くんですよ。フライドチキンのときとか。
それが日曜の0時という不規則な時間で終わってしまうと、店長以外に誰が想像できたでしょうか。
POPに書かれた「夏休み●●●限定セール!」という文言もあるというのに。

 
2007年7月19日 (木) : 月イチ更新の日がやったきまして!

- (休日) / 780 (18)

1ヶ月も時間があった割には日記とおるすばんのmp3ぐらいしか追加できるものがなくてすんません。
あと、タイトルの“やったきまして!”はわざとです。すんません。

というわけで、相変わらず開始15秒あたりにノイズが入ったままですが、PODリメイク3作 目「Neighbour Twins' Liveliness!」をお楽しみくださいまし。
かなりハイテンションな仕上がりとなっておりますので。

* * *

で、今日の俺の行動なんですが、まずは馴染みのブックオフ喜連瓜破駅前店に寄ってこれを買ってきました。

やえかのカルテ 3巻

お値段は例によって105円。
2巻より3巻のほうが先に105円になってしまったのは予想外だが、値下げを待っていたことに変わりはないので、即購入。

その後479号を巽南まで北上し、立て続けに巽南店を襲撃。
しかし、あまり在庫に変化がなかったので、20分ぐらいで出てきました。
この店にはたぶん、今後あんまし寄せてもらわないかもしれない。

そこから今度は西に進路を取り、四天王寺方面へ。
途中、寺田町の駅のあたりでチャリンコに乗ったオバハンと激しく衝突。腕に内出血を喰らいましたorz

国道25号を浪速警察署のところまで辿り着く前に、ポンバシの路地裏に侵入。
信長書店で3150円の怪しげなものを購入して、しばしオタロードを行ったり来たりしました。
でも、ヲタクグッズは何も買わなかったなあ…。

それから近所のアプレシオまで戻ると、躊躇いの欠片もなく3時間パックを注文している俺。
日記を更新したりおにいちゃんからのプレゼントをダウンロードしつつ、ソフトクリーム4杯を平らげました。
ええ、出発前にひどい下痢をしていたのに、です。

でまあ帰ってきてからアプレシオで落としてきたリトバスの体験版からOPソングだけ抜き取って聴いてみたのですが、 なんやアレンジしにくそうな曲やね、これは。
それ以前の問題として、抽出したwavをSoundEngineで開いてみたらクリップしまくってるし。
こんなん売るのかよ、Keyは。
クリップぐらい気をつけたらどうなんだと。
まあ、ノイズぷちぷち言わせてる奴が言えた科白ではないがな。

BGMはまともな(言い換えれば、アレンジしやすい)曲であってほしい。切実。

 
2007年7月17日 (火) : 毎度恒例ロス晒し

943 (17) / 1025 (16)

デザート独り占めだぜ!(ぉ

 
2007年7月15日 (日) : 休憩時間中に繰り広げられたひとり暴食バトルの詳細

1290

またも食べたロスの値段が跳ね上がりましたので報告。

これでうなぎを食ったのは3回目です。ビバロス食い生活!

* * *

なんか知らん間に、お中元の店全体での獲得数が28件とかいってます。
俺まだ1件も獲得してないんですが。

 
2007年7月14日 (土) : まぐろ逝く

755 (14) / 0 (13)

本日0時半頃、まぐろが天国に旅立ちました。
享年8歳5ヶ月。人間でいえば60歳ぐらいですから、少し死を急いでしまったのではないかという感があります。
本当に、残念でなりません。

老化、というよりはもともと体が弱く、普段からよく病院通いをしていた犬なので、 突然2,3日前に心臓を悪くしてしまい、そのまま急性心臓疾患(詳しくは、心臓弁膜症という病気)で命を落としてしまったのも 仕方ないことではあると思います。

しかし、8年半という短い命でしたが、その間に家族がまぐろに対して注いだ愛情と、まぐろが家族に与えた癒しとの 和は言葉では表現しがたいほど大きなものだから、今は一言、まぐろに「お疲れ様、よくがんばったね。ゆっくりお休み」と 声をかけてあげたいですね。いや、心の中でかけてます。何度も。

Ses sourire et gentillesse fassent briller l'étoile dans nos cœurs à tout jamais!
――心のプラネタリウムにいつまでも輝き続けるお星様の光が、ずっとずっと、まぐろの笑顔と優しさによるものでありますように。

* * *

午後になってから、動物霊園に行ってまぐろを火葬してもらいました。
お骨は、これからもずっと、家の仏壇の前に供えられます。
肉体無き後も、ずっと家族と一緒にいられるように。
まぐろも家族も、寂しい思いをしないように。

かの幼馴染みを亡くした少年は言いました。
「誰かが覚えている限り、終わりじゃないさ。」

 
2007年7月12日 (木) : 散財紀行(のりゆきではない) #2

- (休日)

当初はポンバシに繰り出す予定だったんですけど、なぜか心斎橋駅で降りた節操のない静月乃さんでした(ぉ

というわけで、とりあえず三木楽器に行ってマイクプリを探してみることに。
マイクプリだから、当然マイクのコーナーにあるだろうと思ってあたってみると、そこにはプリアンプらしきものが2つ しかありませんでした。
しかも、価格はなんとマイクよりも安い11000円。4〜5万ぐらいが相場なんじゃないかと思っていたのに初っ端から憮然とさせられ、三木楽器を後に。

そういえば心斎橋にはもうひとつコアな楽器屋さんがあった気がする。
ミュージックランドKEYだっけ。
名前は雑誌とかでよく目にするけど、場所がわからない。
となると当然、足はおのずと書店に向かうわけですw

書店で音楽雑誌を立ち読みすると、アメ村内ビッグステップの隣ということがわかったので、いざ出陣。
外観から一目で「楽器屋さんだ」とわかる三木楽器に比べると、ミュージックランドKEYはビルの2Fに入っていて、 一見しただけではわかりづらい。
ヲタロードのはずれにある某リサイクルショップ(*1)やビジネス街の中にあるV系の鉱脈(*2)の記憶を呼び覚ましながら、期待に胸を躍らせて階段を上る静月乃さん。

(*1) ヲタロードのはずれにある某リサイクルショップ …
古き戦友某Y氏によって発掘された、雑居ビルの2Fにひっそりと入っているヲタクグッズのお店。
売られているのは価格の安い中古品がほとんどだが、中にはプレミアがついていて目ん玉が飛び出るほどのお値段で 売られているものもある。

(*2) ビジネス街の中にあるV系の鉱脈 …
2003年6月頃日記で話題に上せた、ライカエジソン本町店のこと。こちらも外からはわかりづらい、ビルの2Fにある。
今もあるんかな……あの店。

店に入ると、意外に中は広い様子。
所狭しと陳列されたドラムパーツやギターにベース、それからアンプ。
……癒されます :)

マイクのコーナーに立ち寄ってみると、やはり取り扱っているモデルのラインナップは少ないものの、お値段が3万近く するものを発見。
お給料は入ったけどそれほど多くもないので、ここはとりあえず、軍資金に見合ったものを買うことに。
マイクプリだけで10万とか使っちゃっても、バイトの身にはアレだしね。

という経緯で帰ってきて通してみたんですが、音の厚みが段違いに厚いです。
SM58だけだと天井も低いし最大周波数も2kぐらいまでしか出ない(*3)のに、プリアンプを通すと、天井突きまくり、 最大周波数も10k以上出ます(*4)
特に、これまで使っていた安物の会議用マイクや、SM58単体で録音した波形にはいくらコンプレッサーをかけても ヘコまないヒゲがあったんですが(*5)、プリアンプを通した波形は素直にヘコんでくれます(*6)。すなわち、音圧が上げやすいということ。
次は早速Mixで試してみないとね。

(*3) SM58単体でのスペアナの動き
(*4) SM58+マイクプリのスペアナの動き
 
(*5)
SM58単体での波形
 
(*6)
SM58+マイクプリの波形

* * *

とりあえず、ちょこっとだけ環境がパワーアップしましたので、現在の機材リストでも書いておこうか。

FenderのSquier15とSONYのMDR-Z300は引退です。

 
2007年7月11日 (水) : うな重

1026 (10)

1000円を超えたので久々のロス報告です。

 

うな重850円ッ!

 

うな重850円ッ!

 

高級感溢れる口溶け!
デラウマス!

さすが値段と釣り合うクオリテリです。

 
2007年7月7日 (土) : なんとかも筆の誤り

938

俺が入るのと交代であがるベテランの先輩が、本気でミスして、引継マイナス6000円出してました。
暑さのせいか、疲れのせいか。
ひよっこの俺が過不足を出していないことを考えると、どうなさったのかしらと思う今日此頃です。

* * *

なんつうか、絶対聞いてしまうよね。

「袋をお分けしましょうか」って。

5,6個の菓子パンと一緒にコンドームがレジの上に置かれたときって。

でも、そのお客さん、「一緒でいいです」って仰いましたw

 
2007年7月6日 (金) : Gift! Gift! Gift!

526

うちのファミマでもお中元商戦が始まりました。
店でのノルマがあるんで、今月一杯は売り込みしまくらないといかんです。
こんな不景気にお中元なんか取ってくれるお客さんなんて居るのかと不安になりつつも、まあ、コンビニで毎日 のように買い物をするひとなんつうのは、滅多にコンビニに行かずディスカウントショップにばかり行って買い物を しているうちらとは違ってちょっとリッチそうなので、そのあたりにちょっと期待してみようかなと思う静月乃さんです。

* * *

だいぶ前に落としたsfで「Ken Ardency」というドラムセットがあるんだが、それのスネアを単体で録って、 ミックスの中で1644Hzあたりを思いっきりブーストする(8〜10dbあげる、言わずもがなコンプの併用は必須)と低音バリバリの ギターとの相性がいいことを発見。
今度使ってみよう。

※たぶん、以下のように綺麗に分かれてくれるからだと思う。

↑高
金物 3k〜
ギター(歪み成分) 2k
スネア 1.6k
歌 500, 700〜1k
ベース 100, 600
ギター(低音) 200〜500
バスドラ 70〜90, 6k
↓低

 
2007年7月2日 (月) : 初めてお会いするスタッフは新人ではなく、ベテランだったという罠

665

タイトル通りです。
なんか、シフト表のその方の名前の部分に、最初俺が入ってきたときと同じような装飾が施されていたので 新人かもと思っていたんだけど、実は、他の店舗からヘルプにやってこられたそう。
しかも、もう3年目なのだそうです(汁
道理で2人体制になれるわけだw

さすが、キャリアが長いからか、店に入ってきたり店を出て行ったりするお客さんには漏らさず声をかけるし、 きっちり毎回新商品のPRもされている。もう、声出しっぱなしという感じです。
レジ打ちをちらっと見せてもらったんだけど、お札の取り方が鮮やかなのよ。こう、なんか、スラスラスラ〜って 抜き取っていくの。かっちょいい!

でも、実際にはキャリアが短い俺が彼に指示を仰いだりするのではなく、店が違うから、あれはどこにあるの、 これはどこにあるの、ということを逆に俺が聞かれっぱなしでした^^;
彼、次は木曜に入るみたいだけど、週休だからお会いできないなあ。残念。

 
2007年7月1日 (日) : 決死の10時間労働

0

7月は初っ端からシフトが狂っております。

毎週日曜は朝勤で、だいたい8時に入って15時か16時にあがりというところなんですけども、俺と夕方に交代するスタッフ さんがなにやら風邪を引いて熱を出してしまったらしくて。
それで、前半の勤務を一旦13時で切り上げて、帰宅して2時間半休憩、また16時から21時まで後半の勤務に入りました。
家での休憩を“長い休憩時間”と考えるなら、朝の7時15分に仕事モードに入って、夜の9時40分にようやく仕事モードを 抜けたということに。長い1日でした…。