2010年 8月号

ばっく・なんばー(2010年) : 7月号 | 6月号 | 5月号 | 4月号 | 3月号 | 1月号

ばっく・なんばー(2009年) : 12月号 | 8月号 | 7月号 | 6月号 | 5月号 | 2月号 | 1月号

ばっく・なんばー(2008年) : 12月号 | 11月号 | 10月号 | 9月号 | 8月号 | 7月号 | 6月号 | 5月号 | 4月号 | 3月号 | 2月号 | 1月号

ばっく・なんばー(2007年) : 12月号 | 11月号 | 10月号 | 9月号 | 8月号 | 7月号 | 6月号 | 5月号 | 4月号 | 3月号 | 2月号

←戻る

 

▼つっこみフォーム。日記に対する些細な御意見等ありましたらどうぞ

2010年8月16日 (月) : リアルが箆棒に忙しくなってきたので

これからの創作活動について、あれこれ考えてみました。

【動画コミュニティ「ニコニコ動画」における動画投稿】

これについては、本年中に活動終了という形を取りたいと思います。
ニコニコ動画(以下ニコ動)に投稿された動画の真価というものは、その巧みな構成や演出 が視聴者(以下ウォッチャ)のどれだけ強く揺り動かし、その後に投稿する動画も話題性を もちつづけるかということにかかってきます。
すなわち、一に内容。二に制作ペース。どちらも兼ね備えているものがより望ましいですが、 スポット的な動画でも中身が良ければ評価はされますし、単に制作ペースが早いだけでも、 十分注目の的にはなり得ます。

その両方ともを実現できないわたくしに、これ以上ニコ動で作品を発表し続ける意味があるの だろうか――そう自問してみても、まったくないだろうという答えしか出てきません。

思い返してみれば、今まであれほどのペースで動画を投稿できたのは、週に2,3度早朝出勤 で18時ぐらいに帰宅できる日があったからであって、同じ出勤時間で連日のように午前1時 、2時といった深夜帯に帰ってくるようになった今では同じことができなくなって当たり前なのです。

したがって、“ウォッチャさんたちの期待やそれによるプレッシャーを常に背負いながらの創作を強いられる”ニコ動をホームベース とした活動には、幕を下ろす必要があると判断したものです。

【従来の、サイトに楽曲のみ公開するという形】

ニコ動を引退したら、こちらにシフトしてみようと思います。
原点回帰ってヤツですね。

もともと、自分のサイトをつくり、そこで音楽やイラストを公開し始めたのも、周りからの 影響を受けず、“自由気ままにマイペースで自分のつくりたいものがつくれる”環境を求めたからです。

ボーカロイドを一切使わないというのもいわゆる「宝の持ち腐れ」ですので、当面は うちのサイトをホームベースとしてボーカロイドを含む音楽制作ならびに、その他創作活動を 行っていく形に戻ると思います。

わたくしの作品を見てくれるor聴いてくれる人をより選択的に。
かつ、わたくし自身の創作活動を可能な限りマイペースに。
そういった意味で、原点回帰は活きてくると思います。

 

具体的な時期は決定していませんが、本年中に、ニコ動を引退して、こちらを拠点とした 活動に移行する予定ですので、その点についてご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 
2010年8月13日 (金) : 活動自粛を決めてから2週間

休みの日がくると日がな一日ギター弾いてます。
寝るか、ギター弾くかのどっちか。
メシを食う気すら起こらん....

まぁ、今までボーカロイドを使った作編曲を糧に生きてたようなもんですからね。
軌道修正するにも、ちょっと時間がかかるかもしれません^^;

またエロゲ曲アレンジとかやろうかなー。
最近のエロゲ曲ぜんぜん知らないけどw

* * *

てか今日13日の金曜日なんやね。
Twitterで松岡修造Botに言われて初めて気づいたw

 
2010年8月12日 (木) : たまんない……おかねェ……

たまんないですね。ほんと。

とある動画で収入から家賃、水道・光熱費、電気代、その他もろもろの支払いを引くと なんにも残んねぇ、というのが具体的な数字で示されていたので、ぶっちゃけ、俺も 具体的な数字を書いてみます。
初公開! 静月乃さんの収入と支出の内訳です。

収入 ¥224,000


家に入れるお金(食費・水道光熱費・電気代・家賃のため)¥100,000
クレジット返済¥59,986
ネット代¥5,005
携帯電話利用料¥7,390
市・府民税第2期¥32,000
生命保険支払い¥9,160
支出計¥213,541

差し引き ¥10,459

この¥10,459の中から雨が降ったときの電車代とか、ロスが出なかったときのメシ代自腹とか 、レジ不足金が出たときの補填とかが出て行くので、たぶん、ほとんど何も残りませんTT

1日16時間働いてるんだから、もっと給料上げてくれ〜(切実

 
2010年8月5日 (木) : 不特定多数に向けて作品を配信するということ

先にSNSの日記でも書きましたか、しばらくニコニコ動画におけるボーカロイドを主とした 創作活動を、まことに勝手ながら自粛させていただきます。
http://v-nyappon.net/?m=diary&a=page_detail&target_c_diary_id=859810
(SNS外公開日記なので、SNSに加入していなくても、お読みいただけます)

経緯としては、ボカロ小学生「歌愛ユキ」にコンドームの使用を促進する旨の曲を作って 歌わせたものをニコ動にアップロードしたところ、批難のコメントをいただいた上、 おそらくプロフのページからこのサイトを嗅ぎつけたのでしょう、うちのメールアドレス に2通、それぞれ異なる差出人(同一人物では、との指摘もありますが....)から「(その ような内容の動画を公開するのは不快がる人もいるので)やめてほしい」という抗議の メールを直接いただいたものです。

確かに、言われてみれば、モラルを欠いた作品だったと思います。
設定で20歳とされている「巡音ルカ」や18歳以上だと思われる「MEIKO」「KAITO」「がく っぽいど」等のボーカロイドで性的行為を連想させる楽曲を作るならまだしも、 「歌愛ユキ」は設定も元の声を収録した女の子も小学生です。
性経験の低年齢化が問題視されている昨今、こういった内容の作品を作るのは火に 油を注ぐだけだったかもしれません。

わたくし自身はもちろん、抗議のメールをいただくまでは当該作品をネタのつもりで 制作し、公開しておりました。
しかし、ニコ動を始め、Webなどの媒体で作品を不特定多数に公開する際には、自分がネタのつもりで公開した 作品を100人の人が見たとしても、100人全員がネタと受け取ってくれるわけではありません。
ある人は、なんの面白みも感じないでしょうし、またある人は、そのインモラルさに 不快感を抱き、腹を立てさえするでしょう。
自分も嫌いなものを見てしまったら、やはり、不快な気分になります。

そういうことを考えもしないで自己満足のためにネタに走ってしまったのが、軽はずみ だったと思います。制作にかかわっていただいた方ならびに、当該動画をマイリスしてくださった 方には申し訳ありません。
また、当該動画を閲覧してご気分を害されました方に対しても、申し訳なく感じております。

このことを引責しまして、冒頭でも申しましたが、わたくしはしばらくニコニコ動画における ボーカロイドを主とした創作活動を自粛することにいたします。

どういった作品を作れば、見る者を不快な気持ちにさせずに済むのか。
どういった作品を作れば、協力者様方の努力を評価に結び付けてあげられるのか。

なにより、どういった作品を作れば、みんなが心の底から幸せになれるのか。 せっかく“ニコニコ”動画という看板があるのだから、動画を見たみんなが笑いあうこと ができなければ意味がありません。

身勝手で申し訳ありませんが、しばらくの間、創作活動の姿勢を見直す時間をください。
収まりがつき次第、再開するつもりですので。

 
2010年8月4日 (水) : 最近うちの近所によく現れるホームレスさん

が、ちょっと不思議な方なんです。

ホームレスというと、多くの場合、50代以上で、髭もじゃ、近づくとおちゃけ臭くて、ダンボール いっぱい積んだリヤカーを引いてたり、空き缶を一杯詰めたゴミ袋をチャリンコで 運んでいたりするのをよく見かけます。

が、最近2時や3時といった深夜帯に仕事を終え、帰宅する途中で、近所のバス停のベンチで 体を丸めて眠るホームレスらしき方の風貌が、よくいるホームレスのそれとはちょっと 違うんですね。

ベンチの脇に置かれたリュックサック。それほどみすぼらしくもない服装。ぼさぼさでも なくわりと普通のヘアースタイル。メガネ。
年の頃は...そう、20代後半。

このホームレスらしき若者が、最近、毎晩同じベンチで眠っているのを見かけます。
深夜パトロール中のおまわりさんとか、近隣住民(俺もだけど)のみなさんとか、気になら ないのかな...?
普通なら、声かけてあげたりすると思うんだけど。
あ、俺は嫌なので声はかけません。年の頃も近そうだし、なんか嫌味っぽいもんw

まぁ、なんか、衝動的にヤミ金でお金を借りるとかして、借金返済できなくなって、 家飛び出して、ヤクザから逃げ回ってるとか、そんなんでしょうね。
可哀想だけど、「俺帰る家ないんだ...」なんて言っても世知辛い世の中、誰も助けては くれません。

残された道は、ヤミでないホワイトなところからお金を借りて裁判を起こし、自己破産を 申し立てるか。
それか....特急列車に身を投げるか。

その方の判断に委ねるしかありません。