2012年 4月号

Back Numbers

2012年: 3月号 | 2月号 | 1月号

2011年: 12月号 | 10月号 | 9月号 | 8月号 | 7月号 | 6月号 | 5月号 | 4月号 | 3月号 | 2月号 | 1月号

2010年: 12月号 | 11月号 | 10月号 | 9月号 | 8月号 | 7月号 | 6月号 | 5月号 | 4月号 | 3月号 | 1月号

2009年: 12月号 | 8月号 | 7月号 | 6月号 | 5月号 | 2月号 | 1月号

2008年: 12月号 | 11月号 | 10月号 | 9月号 | 8月号 | 7月号 | 6月号 | 5月号 | 4月号 | 3月号 | 2月号 | 1月号

2007年: 12月号 | 11月号 | 10月号 | 9月号 | 8月号 | 7月号 | 6月号 | 5月号 | 4月号 | 3月号 | 2月号

←戻る

 

▼つっこみフォーム。日記に対する些細な御意見等ありましたらどうぞ

2012年4月13日 (金) : 蒼姫ラピスちゃんが来たよ!

ロリボイスでなにかと話題の蒼姫ラピスちゃんがうちにもやってきました。

聡子「かわいい声〜」

めっちゃかわいいですよね。
最初イラストが公開されたときは声もどうせたいしたことないだろうな、なんて思ってた けど、先日公式のデモ曲を聴いてこれはやばい、お迎えしないとマズイ!と思っちゃいましたw

聡子「デモ曲を聴いて率直にお迎えしたいと思ったのって、すごく久しぶりじゃない?」

うむ。
正直なところがくぽさん以来だと思う。
その間にミキとユキとアンとアルとGUMI買ってるけどどれもお迎えの動機は"なんとなく"だったし。

聡子「これって、ジェンダーファクター未調整でこの声なんだよね」

そうなんですよねー。
デフォルトでこれですよ。
なので、この娘、少なくともろりっぽくするためにGENを下げる必要はないみたいですw

聡子「Mixのときはほかのボカロとは違う感じだった?」

んー・・・ラピスたんはユキちゃんと一緒でもともと中低域のほうが目立ってる 感じだから、今回は250以下と800〜1k帯を広めに削ってるけど。
Rockとかジャンルが変わってくるとまた、Mixも変わってくるかもしれないですね。

聡子「そいえば、今回もVOCAROCK離れたんだよね。どうして?」

まぁ、一口に言えば挑戦やね。今までやったことないジャンルへの。
今回はドラムンベースっぽい仕上がりにしようと思いながら作りました。
ぜんぜんなりきれてないけど。

聡子「似て非なるジャンルになったね・・・」

んー・・・まぁ、わしが作るとどうしても、ジャンルが曖昧になっちゃうのよね。
そもそも、はなっからジャンルというものを意識して作ってないんで。
唯一ヴィジュアル系だけは長いこと聴いてたからそれらしいものが作れるけどw

聡子「w 歌詞も書いたのは久々だね〜」

歌詞はがんばったよ!
妄想を働かせすぎて危うくショートしそうになったけど(何

聡子「まったく、リアルで恋愛経験のないおにいちゃんの脳みそからどうやったらこんな 修羅場チックな情景が浮かんでくるんだか・・・」

だからうp主コメントにも書いてあるとおり 1 0 0 % 妄 想 だってばw
実際にカレシさんと口げんかしたあとこんな気持ちになる女のコがこの世界に存在するかどうかについては 俺は知りません。

聡子「アチャー(つ∀`)」

あちゃー言うなしw
まぁ、なんか、リアルっぽい感じだけ感じてもらえたら、ぐらいに思ってます。

聡子「うにゅ。あと、それと動画。動画が今回はいい感じ!」

動画キャプチャソフトで撮ったメディアプレーヤーのスペアナさんがいい仕事してくれてるからねw
最近見る動画にバータイプや波形タイプのスペアナを重ねてるやつが多いから、 あれってフリーの環境でもできるのかな〜、と思って試行錯誤してたらできちゃいました。

聡子「でも、TrakAxPCだけじゃできない芸当だよね?」

TrakAxPC、Windows Live Movie Makerいずれも単体ではできないですね。
TrakAxPCには不透明度を操作する機能(Video Envelope)はあるけど、スペアナ以外の 部分を透過させるクロマキー合成の機能は搭載されていない。
そこで今回、俺が新たにダウンロードしてインスコしたのがこちらのソフトです。

Wax
http://www.debugmode.com/wax/

こちらのソフトが単体でクロマキー合成を扱えるので、スペアナ以外の黒い部分を 透過してスペアナだけにして、ラピスちゃんに重ねて最終的にTrakAxPCで調整しました。

聡子「動画編集ソフトも、組み合わせると絶大に威力な発揮するんだねぇ!」

各々のいいとこどりをすると、フリーでもそこそこの動画が作れますよ。
今後も、新たな需要に対応していろんな動画編集ソフトを採用していこうと考えとります。