Chapitre.11 - 中性代名詞 Pronom Neutre

Bonjour! L'espace à deux dimensions, j'en viens!
こんにちは! 私は2次元の世界からやってきました。→en[2a]

◆中性代名詞 en, y, le

 中性代名詞は、文法上の性・数の影響を受けて変化することなく、前置詞を伴う語句などを受けることのできる、
非常に便利な品詞です。
 en, y, le はそれぞれ次のような働きをもっています。

 ★ en

  1) 不定冠詞複数形 des または部分冠詞のつく名詞の代わりになる。
    不定冠詞単数形 un/une の代わりになることもできるが、そのときは en ... un/une の形になる。
  2) 動詞の間接目的語または形容詞の補語で de+(物を表す名詞) の代わりになる。
    人を表す名詞の場合は de+(人称代名詞強勢形) になります。⇒ページ下部のポイント参照
    a)「〜から」  主語がもと居た位置など表す。
    b)「〜を使って」手段・道具などを表す。
    c)「〜の一部分」前述した名詞の一部分を表す。
    d)「〜のために」原因・理由などを表す。
    e)「〜に」   対象・目的地などを表す。(* approcher de 〜, dépendre de 〜 など少数)
  3) de+(不定詞を伴う表現) の代わりになる。
  4) de+(ce que 節) の代わりになる。

 ★ y

  1) 場所を示す à, en, sur, sous, devant, derrière, dans, chez などの前置詞または
    par-dessus, hors de などの前置詞句、au-delà de などの副詞句に導かれる名詞の代わりになる。
    (英語で言う there と同じような役割を果たします)
  2) 動詞の間接目的語または形容詞の補語で à+(物を表す名詞) の代わりになる。
    人を表す名詞の場合は à+(人称代名詞強勢形) になります。
  3) à+(不定詞を伴う表現) の代わりになる。
  4) à+(ce que 節) の代わりになる。

 ★le

  反復を避けるため、名詞・形容詞(この2つは属詞として使われる場合に限る)や
  不定詞を伴う表現・節の代わりになる。

 en, y, le は必ず動詞の前に置かれます。ただし、人称代名詞の直接目的語または間接目的語がある場合はその
後に置かれます。ここで改めて中性代名詞を含めた文の語順を確認しておきましょう。
 (直接目的語・間接目的語の語順については6章「直接目的語と間接目的語」をご覧下さい)

 [主語](→ne)→[人称代名詞・直接/間接目的語]→[中性代名詞]→[動詞](→pas) ...

 なお、en と y が同時に使われる場合は y → en の順番になります。


 D'autres expressions もっと例文!

 * →en[1] は en の 1) の用法で用いられていることを示します。




◆ de や à の後に物を表す名詞が来るときはそれぞれ en, y を代わりに使えるけど、人を表す名詞が来
 るときは前置詞 de, à はそのままで、名詞だけ人称代名詞の強勢形っていうのに変えるんだよ。

  人称代名詞強勢形:

   je > moi
   tu > toi
   il > lui
   elle > elle(無変化)
   nous > nous(無変化)
   vous > vous(無変化)
   ils > eux
   elles > elles(無変化)

  例: Les membres de cette groupe sont sûrement beaux garçons,
     mais je témoigne peu d'amitié à eux.
    (そのグループのメンバー達は確かにイケメンだが、あまり私の好みではない)

<<<もどる