Chapitre.12 - 命令法 impératif

Sois avec moi toute la vie.
一生一緒に居てくれや。

◆命令文のつくり方

 命令文はフランス文法では「命令法」と呼ばれ、動詞の叙法の一つに数えられます。
 動詞の命令形は3つの人称に対応し、2人称単数親和形の tu に対して砕けた口調での命令や依頼、2人称単数
丁寧形/2人称複数の vous に対して丁寧な命令・依頼または複数の人間への命令・依頼、そして1人称複数形の
nous に対して勧誘をそれぞれ表現することができます。

 4章で登場したer型・ir型の規則動詞の場合、命令形はグループ内のすべての動詞においてそれぞれ共通です。

 ★ er型規則活用動詞の場合

   例: voler(飛ぶ)
    tu に対して vole(飛べ)
    nous に対して volons(飛ぼう)
    vous に対して volez(飛びなさい、飛んでください)

   * ただし tu に対する活用語尾 e は中性代名詞 en, y が後に来ると es になります。
     Voles-y!(そこへ飛べ!)

 ★ ir型規則活用動詞の場合

   例: réfléchir(よく考える)
    tu に対して réfléchis(よく考えろ)
    nous に対して réfléchissons(よく考えよう)
    vous に対して réfléchissez(よく考えなさい、よく考えてください)

 不規則な活用をする動詞には、tu, nous, vous に対する平叙文における活用形をそのまま用いるものが多いで
すが、次の4つは不定詞からは想像できないような特殊な命令形をもちます。

 ★ être

    tu に対して sois(〜であれ)
    nous に対して soyons(〜であろう)
    vous に対して soyez(〜であってください)

 ★ avoir

    tu に対して aie(〜を持て)
    nous に対して ayons(〜を持とう)
    vous に対して ayez(〜を持ってください)

 ★ savoir

    tu に対して sache(〜を知れ)
    nous に対して sachons(〜を知ろう)
    vous に対して sachez(〜を知ってください)

 ★ vouloir

    tu に対して veuille(〜してよ)
    nous に対して veuillons(* 会話では使用されません)
    vous に対して veuillez(〜してもらえませんか、〜してください)

 命令文の語順としては、動詞の命令形をまず先頭とし、その後に人称代名詞の直接・間接目的語、中性代名詞
en, y が置かれ、各要素がトレデュニオン(-)で連結されます。目的語は、常に直接目的語が間接目的語に先行
します。
 また、1人称単数の間接目的語 me と2人称単数の間接目的語 te は命令文中に置いてそれぞれ強勢形(11章
「中性代名詞」のポイント参照)の moi と toi に化けます。ただし、moi, toi の後に中性代名詞 en, y が続
く場合はそれぞれ me, te を用いて m'en/m'y、t'en/t'y となります。

 [動詞の命令形]→[直接目的語 le/la/les]→[間接目的語 moi/toi/nous/vous]→[中性代名詞 en,y] ...

 ただし、否定命令文では動詞の命令形が直接/間接目的語・中性代名詞の後にまわって平叙文と同じような語順
をつくり、moi、toi の形は使用されません。(直接目的語・間接目的語の語順関係も平叙文通りになります。平
叙文における人称代名詞の目的語の語順については6章「直接目的語と間接目的語」をご覧ください)

 Ne →[直接/間接目的語]→[中性代名詞 en,y]→[動詞の命令形]→ pas ....  


 D'autres expressions もっと例文!




◆他の命令表現に、「単純未来」っていう時制を使ったものがあるよ。
 単純未来を使うと、語気が和らいだ感じの命令文や依頼文ができるから是非これも覚えてね。

  例: Acheteras-tu quelques nourritures légères pour nous?
    (なんか腹ごなし程度の食いもんを買ってきてくれないか?)

     Toi, tu croiras moi?
    (お前は俺のこと信じてくれるよな?[付加疑問的])

    Vous serez silencieux!
    (どうかご静粛に!)

    Pourrez-vous me prendre jusqu'à chez moi?
    (家まで送っていただけませんか?)

<<<もどる