Se
le
ct
io
n

←戻る

 
2005年1月13日 (木)

巷で話題の電車男立ち読みしに行こうかなーとか思ってTSUT●YA行ったんですよ、TSUTA●A。
そしたらなんか入り口で自動扉が開かないんですよ。

ああアレか、扉に軽く触れないと開かないようになっているシロモノなのか、こないだまでそんな仕様じゃなかった はずなのになー、とか思って軽く触れてみたんですよ。

でも普通に開かないんですよ。

ならばもっと手荒いお持て成しを、ってことで拳で軽く正拳突きをしてみたり、コンコンとノックしてみたり、 某ハンドパワー師よろしく平手を付けて念力送ってみたりしたんですが開かないんですよ。
中に客たくさんいるのになんなんだ。

仕方ない、タックルして無理だったら帰ろう、と諦めかけていたその時ですよ。
隣りからヌッと現れたひちとが前に立つとドアが開くんですよ。

もうね、アホかと。馬鹿かと。

 

んでね、T●UTAYAったらドアが2重にあるんですけど、その人が入ったあとで俺が外扉のセンサーとか確認してる間に 内側の扉が閉まりましてね。俺も続こうとして内側の扉の前に立ったんですよ。

開かんし。

またかと思って手を触れてみるんだけど開かない。立つ位置が悪いのかと思って移動してみても開かない。
ややあって、店内から出てくる客が内側の扉を開けた隙にようやく入ることができました。
なんなんだ一体。

帰りは誰かが出るのを待って、その人に続きましたとさ。