Se
le
ct
io
n

←戻る

 
2006年2月7日 (火)

4日にThePaperさんに日記を代筆していただき、当の俺は鉞丑さんのサイトに日記を 書かせてもらいにいったのだけど、そこで話題にした「手打ち」について、 今日はこちらでいろいろと薀蓄っぽいものを垂れてみたい。

なお、先に断っておくが、以降の内容は俺がHTMLを手打ちするうえで「正しい方向に 変わった」という独断を持ったことであり、これらが公式的に正しいかどうかは知りません。

【1】BR(改行)タグについて

<BR>はそれほど手打ちを極めていないひとでも御存知の通り、文章に改行を施すための タグである。
ただしこれは厳密にはあくまで改行のためだけに使われるタグであり、 段落分けやスペーシングなどの用途で用いるべきではない。この用いられ方は デザイニング的であり、文書構造に反するという意味で、HTMLの使い方としては望ましくない。

現行のブログサービスやレンタル掲示板等で、BRタグを連続で挿入すると一つ分のタグしか 認識せず、空白が作れないものが存在するようであるが、それらはこの方針に則ったものである と解釈できる。

【2】FONTタグについて

これについて、W3C側で将来廃止の予定があることは存じているひとも多いと思う。
廃止の時期などに曖昧な点があるが、とりあえず、徐々に代替コードに置き換えていくことが 望ましい。
たとえば、size属性はCSSのfont-sizeプロパティ、face属性はCSSのfont-faceプロパティ などに適宜置き換えてやる必要がある。

【3】Bタグについて

FONTタグを多用していたひとなら、セットで使っていたひとも多いはず。
タグで囲った部分のテキストを太く(Boldに)するためのタグだが、これもFONTタグ同様 将来的には廃止される予定である。
代替コードとしては、CSSのfont-weightプロパティの値を「bold」または「600」以上(英文 フォントの場合)にするか、推奨タグの<strong>または<em>を用いるのが望ましい。

【4】STRIKE(S,DEL)タグについて

ネタ日記を書いているひとなら割と使う場面も多いであろう、打ち消し線を入れるタグ。
もともとは修正のためのタグであるのをこういった用途に使い回していること自体が本来は 間違いなのだけど、これが風潮になっているようだから、大目に見るとして。
しかしこれらのタグも将来的には廃止されるそうなので、CSSのtext-decorationプロパティに 値として「line-through」を入れてあげるのが望ましい。

【5】IMGタグについて

ただ画像を挿入する場合、説明書きのほか画像が表示できない場合の代替テキストとなる「alt属性」の 値を設定するのをついほったらかしてしまいがちだが、アクセシビリティ(情報の得やすさ)を 実現するためにはこのalt属性の記述を省いてはならない。

また、画像が表示できない環境下で、画像の代わりにテキストを表示させたい 場合、CSSを用いた以下のようなコーディングが推奨されている。

●CSS側
div#moemoe {
width:画像の縦幅;
height:画像の横幅;
background-image:url("画像のURL");
background-repeat:no-repeat;
background-position:center center;
text-indent:-5000px; /* CSS有効時、代替テキストを画面の外に追っ払う */
}

●HTML側
<div id=moemoe><p>代替テキスト</p></div>

【6】DIVタグについて

CSSでレイアウトを行う際、ボックス要素を作るのに不可欠なタグとして<DIV>があるが、 これで段落指定や見出し設定などの行われていないテキストを囲むのはご法度。
DIVタグの内部には、Pタグにより定義される段落や、H1〜H4タグによって定義される見出し、 SPANタグやBLOCKQUOTEタグによって定義されるインライン要素などがなくてはならず、 これらの定義がないテキストや、空白を囲むのはDIVタグの使い方としては望ましくない。

レイアウトに支障を来さない空白のボックス要素を作るにしても、&nbsp;をPタグで囲んで 段落要素とし、CSSでポジションを絶対指定してやることぐらいはしておいたほうがよい。

【7】そのほか、タグ以外なども

  • 全角スペースをPタグで囲むことによって空白の段落を作っている場合は、全角スペース を&nbsp;に置き換えるほうがよい。Macでの文字化けを防ぐことができる(らしい)。
  • ・(中黒)や●と、適度なスペースを用いてリストを表現している場合は、 UL、OLなどのリスト系タグを用いる方がよい。

とりあえずこれぐらいかな。
この1年間で、静月乃の手打ちに変化が生じた部分は。
今後もこの方針は変わらないと思うし、何かまた特筆すべき事項があれば、その都度日記で 紹介していきたいと思う。