Se
le
ct
io
n

←戻る

 
2006年3月18日 (土)

馬鹿男二人雨中散策>挨拶

という訳で何故か雨の降る中、俺と友人ももたん氏による“堺のブックオフ全店巡り計画”が実行 されました。
中学の時にも近所の友人と雨の日にチャリを漕ぎ堺東のアニメイトまで行ったことはあったが、 今回の旅路はもっと長いのだ。

10時過ぎ、氏から携帯にメールが届く。
「兄や土日休みちうてたよな。今から全店巡り逝くか?w」

午前中にも拘わらず、分厚い雨雲のせいで外は真っ暗、雨もしとしと。
しかし氏はまた明日から忙しくなるそうなので、行ける機会に行っておこうと思い了承する俺。
ヲタの友情に雨なんかが勝てるはずありません!
ヲタの友情じゃなくて馬鹿のパワーだろ、とつっこみたい奴はつっこんどけ。

昼飯は氏と御一緒させていただくこととなり、珍しく居間に揃った家族を欺き外出。
「こんな雨降ってるのに出かける奴の気が知れんわ」
内心、あんたも午後から仕事だろが、と親父の言葉に反発しつつ、上辺では
「大丈夫大丈夫、子供は風の子やから」
と返してみる。
「何言うてんねん、もう大人やんけ」誘導されるように吐かれた親父のセリフに俺、「あなたの子供ですから」と返す。
両親、笑。

11:06、南海堺東駅に到着。
予定の時間を6分ほどオーバーしてしまったが、氏の姿は見当たらない。
あ、そういえば(*1)吉豚スタートって言ってたっけ。
駅の南にある吉野家を目指し、再びチャリを走らせる。

(*1)遠征を吉野家での腹拵えから始めること。

俺「すまんすまん、超遅れますた」

吉野家の前に居た氏にまずは陳謝。

ももたん氏(以下M)「お待たせ〜」
俺「それは俺のセリフじゃ、この野郎」

相変わらず普通に挨拶できない二人(笑

俺「しかしよう降っとりますなあ…。梅雨みてえだ」
M「俺らお天道様に嫌われてるもんなぁ」

共に豚丼大盛を平らげ、兄やよう喰うようになったなぁ、とか妙に感心されながらお勘定、 本番スタートです。

氏の決めたルートは、堺東を出て府道30号「堺中央線」を南下し、 府道2号「大阪中央環状線」で曲がって直進、最初の店舗『新金岡店』を襲撃。
その後府道28号「大阪高石線(ときはま線)」を西へ移動、府道34号「泉北1号線(大阪狭山線)」 まで出たところで交差点から少し入ったところにある『陵南店』。ここと新金岡はそれほど離れていないらしい。
再び34号に乗り泉北深井駅を過ぎて阪和高速の下を曲がり、府道36号を西に府道61号まで直進し、 右に曲がって少し行ったところにある『堺インター店』(ここが一番遠い。俺の家からの推定所要時間チャリで1時間40分)
阪和高速の下を戻り、府道35号「堺富田林線」まで出たら曲がって南海初芝駅の界隈にある 『初芝店』。
35号を2号との合流点まで戻り、国道310号に戻りそのまま直進して国道26号に連絡、 府道197号との交差点を曲がって最後は『御陵前店』。
このうち、『初芝店』と『御陵前店』は氏も訪れた経験がないのだという。

結果、各店舗に到着した時間が
(11:50堺東発)

新金岡
陵南
堺インター
初芝
御陵前
12:19(出発12:30頃)
12:52(出発13:20頃)
14:06(出発15:00頃)
15:32(出発16:10頃)
17:04(出発18:20頃)

となり、堺東に戻ってきたのがなんと18:30。
6時間40分の長丁場ながらパンクも空気抜けもしていない2人の自転車に「お疲れ様」。

M「しっかしこの雨の中チャリで爆走する俺らはアレやな、いわゆるアホですな」
俺「うんうん、すげえアホだ」
M「でもそれも周りから見たらの話ですよ。俺は中古本のためなら雨が降ろうが雪が降ろうが槍が降ろうがナパーム弾が降ろうがブックオフ行くね!」
俺「俺はできれば晴れてる日がいいなあ」
M「マジで!?(笑)」
俺「(笑)」

合計8冊コミックを買った氏、 雨に濡れないよう行きしなに百均で買ったポリ袋にそれらを入れてぐるぐる巻きにしておられました。
今回俺はなんも買ってないけど、堺インターと初芝、御陵前の3店舗で立ち読み。
なんか炉裏っ娘アンソロジーとか読んできたYO

M「じゃあこんどは兄やが大阪のほう案内してよ」
俺「大阪10店舗あるけど」
M「うっはぁそりゃ無理っすね!」

そんなこんなで18:50頃、二人は堺東駅からそれぞれの帰路に。

俺の満足度としては御陵前>堺インター>初芝>陵南>新金岡だったのだけど、 堺インターがもう和泉市との境にあるだけにとにかく遠いのがどうにも…。