Se
le
ct
io
n

←戻る

 
2006年10月7日 (土)

昨日は千日前のメディアスペース・アットワン(以下アットワン)を一旦お休みして、南海難波駅をちょっと西のほうへ出たところの、 大阪府立体育館の向かいあたりにある「コミックアカデミー(以下アカデミー)」というところでまったりしてきました。

聡子「アットワンとの違いを、おにいちゃんが詳しくレポートするよ〜」

まず、料金はオープン席で30分160円とアットワンよりも20円安く、延長も15分で80円なので、30分の延長ごとに アカデミーは160円、アットワンは180円となり、こちらも20円安い。

聡子「アットワンはオープンと個室が同じ料金だけど、アカデミーは?」

別だね。個室は、アットワンと同額の180円。たぶん、追加も同じぐらいだろう。

聡子「あとは、どういう席があったの?」

店自体の規模はそんなに大きくないんだけど、7,8席ほど、2人用の席があった。
個室は「ビジネスルーム」と銘打たれていて、どうやら、仕事の用途を想定しているようだ。
なので俺は、料金も踏まえて、今回はオープンを選んだよ。

聡子「自動ドアを抜けて、カウンターで迎えてくれた店員さんが……」

典型的なオタク顔でした(ぉ
さらさらのヘアー、ちょっと太めの顔、もこもこしたヴォイス。
高崎に在住のあの方とよく似ている!

聡子「そんなこと言ったら怒られるよ……」

いや、その心配はないよ、まいしすた。
この日記は 非 公 開 だから。

聡子「でもゆくゆくは郵便でお兄ちゃんの手にわたるんだよね」

あ。
すみません(遅
で、カウンターでは特に変わったことはなくて、アットワンと同じように、席のタイプを訊かれ、喫煙or禁煙を確認され、 席の番号と入店時刻が書かれたビルを受け取った。
そのあとで、お席のほうは入って右側になります、と説明されたのに、俺、なぜか左に行った(アホ

聡子「↑アホ」

orz
で、初来店だし、いい機会に店内全部を見ておこうと思い、トイレの場所とか、2人用の席とかを確認。
ややあって、迷路のようなコミック棚を抜けて、禁煙のオープン席を発見。
なんつうか、コミック棚の配置がものすごくドンキホーテに似ているような。

聡子「火災が起きたら大変そうだね」

間違いなく、奥の席だと逃げそこなうだろうな。
で、俺が所定の席に座ったとき、隣のオープン席に30代ぐらいのオッサンが新聞紙広げてどーんと構えていたのだけど、 その方、あんまりキーボードを叩いてないみたいだった。

聡子「何してたんだろう?」

さあ。この時間(20時30分)じゃ普通の喫茶店は空いてないから、その代わりに使ってるだけじゃないか?w

聡子「ネカフェでネットをしないなんて、リッチすぎるよ」

まあ、アットワンと同じ、フリードリンクもあるし。
その気になれば、160円出して1000円分のドリンクを飲むことだってできてしまうからな。
下痢ピーは覚悟の上で

聡子「フリードリンクは、どんな感じだった?」

アットワンは紙コップだけど、アカデミーはグラスでした。
飲み物も、自分でボタンを押して注ぐタイプのやつ。セルフサーバーっつうんかな。
最初、押す部分がわかりにくかったけど。

聡子「それも営業上の策略だよ、きっと」

だろうな。アットワンのCD/DVDドライブにメディアをセットしにくいのも、その感を否めない。
わざとまごつかせて、時間を取らせようという魂胆だな。
で、カルピスをなんとか注ぎ、自席に持って帰って、まずは「あの虹」サブキャラのアップロード。
そのあと、fc2の規約を読み、バナーのみ直リンク可能とのことなので、バナーを1つだけうpした。

聡子「なんか知らないけど、アカデミーではfc2へのログインがスムーズだったみたいだね」

うむ。
アットワンではいつも5回ほどミスって、それで10分ほどロスしてしまうのだけど…。
ちなみに、言い忘れてたけど、俺が所定の席についたとき、PCの電源は既に入った状態で、前の客が覗いていた であろうURLの履歴も普通に残ってました。

聡子「それ、覗いてみた?」

いや。俺は俺の仕事があるからな。敢えてスルーでw
そういえばアカデミーの液晶ディスプレイは、異様に解像度がデカかったな。うちの横1024の背景が繰り返し 表示されるぐらいだから、たぶん1280x1024だろう。
で、そのあと、プログラムはやっぱりネトゲばっかりだなー、と確認していると…。
うわああああああ発見してしまったよママン!!!!!!!
「B's Recorder GOLD」が入ってるwww

聡子「やっりぃ! だね」

もう即fXpansionのサイトに行ってBFDのデモを落としてきた。
それから、先月のDTM Magazineにも載っていた[extremist]というVSTも一緒に落として、焼いたw
アットワンではライティングソフトがReal Playerしかないため、音楽か映像ぐらいしか焼けないけど、アカデミーでは、 どんな形式のファイルでも焼くことができる。プログラムでも、DLLでも、ZIPでもなんでもありだ。

聡子「でもおにいちゃん、109MBもあるデモを落として、さらにCDに焼くとなると、けっこうタイムロスがあったんじゃない?」

いや。ダウンロードに6分、ライティングに6分。
ダウンロードに6分とか、なんですかね、これ。うちの以前の回線だと、4時間でも落とせないはずなんだが。

聡子「時代は変わったんだよ……おにいちゃん」

うむ。今は21世紀でしたね。
で、残っている時間で、掲示板のメンテをして、メッセージログを落としてFDに保存した。
店内が明るいから、ドライブの操作もしやすくて、タイムロスが少ない。

聡子「アットワンはそのへんが苦手だよね」

店内薄暗いからね。
手元の電気スタンドを点けても、タワーのある足元は暗いままだから、ドライブは操作しにくい。
近未来の演出というのが、実はこういう点で裏目に出ちゃってたりしてね。

聡子「近未来なアットワンに比べると、アカデミーはどんな感じ?」

アットホームというか、平和というか、ぼえーんというか……そんな空気でした。
空間的余裕に乏しいインテリアだけど、かえってコム・シェムワな感じなんだよな。

聡子「コム・シェムワじゃわかんないよ。見てくれているひとが(倒置法」

アットホームと同義だ。自分の家でくつろいでるような感覚、とでも捉えておいて。
そんなわけで、大きく分けて

という320円では“お値段以上”(c)ニ●リとも言えそうな仕事をこなしてきたよ。

聡子「でも、結局“お値段以上”にはならなかったんだよね」

BFDがインストールできず、extremistがエラーを起こす……という塩梅でねorz
まあ、大好きなカルピスが2杯も飲めたから、それでちょうど320円というところかな。
とりあえず、音楽や映像以外のファイルも焼けることがわかったから、需要が出てきたときには、また行くかもしれませんw