Se
le
ct
io
n

←戻る

 
2006年11月9日 (木)

エントリーナンバ8番のまさかりうs、もといねこさん @近所の公園

エントリーナンバ9番のまさかりうs、もといねこさん @近所の公園

エントリーナンバ10番のまさかりうs、もといねこさん @長居公園までジョギングに行ったときのやつ

聡子「カメラ目線かわい〜」

近づくと少しびっくりするけど、携帯のカメラを構えると視線をこちらに向けてくれるのがいいね。
うちの犬は携帯のカメラがどちらかといえば嫌いで、構えると、顔を逸らすことが多い。

聡子「いちばん上のねこさん、周りの草木がフレームみたいになっててピトレスクだね」

ちょうど茂みの向こうの、間から覗けるところにいたからな。
これは写真として収める価値があるなと思って、撮らせていただいたw

聡子「真ん中のねこさんは、ちょっと怖がってる?」

さっきも言ったとおり、ちょっとびっくりしたけれど、襲われるわけじゃないんだな、と判断して動きを止めた その瞬間を狙って撮影させていただいたので、ちょっと首を竦め気味なのよね。

聡子「なんか、ずーっと眺めてると、もとあった位置から顔を少しだけ下にフォトショップで移動してるように見えるよ」

某氏もそう言ってたw
『なんかこれ、顔低すぎませんか?ww』、と。
見ようによっては、もうちょっと大きかったのでは?とも思えるよね。

聡子「ほんとにこれ、補正はしてないの?」

おう。補正なんて、俺はそんなメンドクサイことはせん。つかむしろ、する気が起こらん。
自然がいちばんです。

聡子「でも、おにいちゃん」

ぁぃ。

聡子「朝っぱらからこんなにねこさん撮ってて、怪しまれない?」

いや。
俺はそういうの全っ然気にしてませんから!

聡子「そうですか……」